Home

ZERO CORPORATION Staff Blog

EOS 5D Mark III 気になる動画機能の実力とは?

気がつけば超久々のblog更新です。今日はAppleの新型iPadの話題で世間は持ちきりなわけですが、先日発表されたばかりのCanon EOS 5D Mark Ⅲのことを、よもやお忘れではありませんよね? 待ちに待ったMarkⅢ登場だったわけですが、蓋を開けてみれば本体価格35万という金額が足を引っ張ってか、世間では意外なほどに冷ややかな意見が散見されます。

こと動画機能に関して言えば、All-IとIPBという新たなファイル形式の採用を除けば、搭載されたどの動画関連機能も5D MarkⅡで問題とされていた部分の改善機能ばかり。しかしですよ、もともとおまけ機能だった(といわれている)ライブビュー機能を進化させたEOS Movieは、EOS 5D Mark Ⅲの登場で、現場でより使いやすくなったことだけでも大歓迎なはず・・・。

さて、スチルカメラの機能については、あまたのblogを参照していただくとして、今日はムービーカメラマンの皆さんが気になって気になって仕方が無い、「・・・で、ぶっちゃけ動画機能はどうなのよ」って部分だけにフューチャーし、備忘録もかねて記しておくことにしますか。

【気になる動画機能における5D MarkⅡとの違いサマリー】

・常用感度ISO12800の実現(そりゃもうびっくり!)

・モアレの低減(使えるカットが一気に増えるかも!)

・ローリングシャッター減少の低減(ほんのちょっとだけど)

・REC中でも外部モニターへのHD表示を維持するHDMI出力(MarkⅡではSD解像度にダウン)

・録画中の音声レベル表示の実現(最低限必要だった機能がようやく)

・録画中の音声レベル調整(※できるにはできるのだけど・・・)

・イヤフォン端子による録画中の音声モニタリング(※できるにはできるのだけど・・・)

・タイムコード対応(編集マンにとっては歓喜の機能)

・1ファイル12分の壁を突破

・CFカードとSDカードの同時挿入

・REC中のタッチセンサー操作

・・・などなど

まずは高感度性能についてですが、5D MarkⅡがISO1600、まぁ目をつぶればISO3200までがなんとか使える範囲だったことを考えると、5D MarkⅢでは、ISO12800でさえ確実に使えるレベル(もちろん用途によりますが)。さらに感度拡張設定のISO25600も、超高感度カメラとしてみれば何ら問題なく”使える画”を創りだしてくれます。ちなみにスチル撮影では感度拡張設定でISO102400相当まで使えるけれど、動画では感度拡張でもISO25600までなのでご注意を。

で、ISO12800が常用感度となり、実際に撮影されたサンプル映像でも明らかにEOS 5D MarkⅡとは一線を画すものとなったわけですが、もちろんスーパー超高感度カラーテレビカメラNC-R550bとは比較するレベルではないものの、市販されているカメラとしては、これはもう高感度カメラの中でも”超”を冠してもいい状況になってきました。CMOS特有のあの醜いノイズは圧倒的に押さえられ、感度拡張ISO25600でも、超高感度撮影としてみれば”使える画”を作りだしてくれます。正直、明るいオーロラなら十分撮影できるレベル!あー、早く北極圏にいきたい!(ちなみにNASA の発表によれば太陽でフレア爆発が起こり、8日には地球に到達し、低緯度でもオーロラがみられる、かも?って)

次にモアレについてですが、もうデジタル一眼レフカメラをつかった動画撮影では諦めの境地というか、どんなに美しい映像を撮影してもあの醜いモアレも同時に収録されるシチュエーションは、ビデオカメラのそれに比べて涙モノのレベルでしたが、5D Mark Ⅲでは、かなり気にならないレベルにまで来た印象です。もちろん場合によりますが。

そして5D MarkⅡによる撮影で、外部モニターによるフォローフォーカスを不可能にしてきた最悪の「REC中はSD解像度にダウン」が、ようやく改善。REC中もHD解像度の映像を外部モニターに出し続けてくれます。

さらに、精神衛生上の大いなる改善というか、これまでホントに録音できているのかさえわからずドキドキだった音声収録ですが、録画中の音声レベル表示機能の搭載により、これまたようやく視覚的なモニタリングができるようになったことも見逃せません。

もひとつ音声関連のトピックとしては、録画中の音声レベル調整が可能になった点も挙げられます。・・・が、しかしです。超ゆっくりとした速度で、ですが。つまり、ミキサーのように過大入力に瞬時に対応、なんてことはできません。タッチセンサーを連打することで数秒をかけてレベルがゆっくり上下可能です。もちろんREC中に可能な操作です。

そしてイヤフォン端子の搭載は、発表前にリークされた外観画像でも話題となりました。イヤフォンですからもちろんREC中にもモニタリングできます。さらに(操作は煩雑にはなりますが)音量調整も可能です。でもでも、実際に収録された音声を聴く事はできません。音声収録時にはノイズリダクションがかかりますが、イヤフォンから出る音声にはそれがありません。まっ、ほんとに音がRECされてんのか?っていう疑念解消には応えてくれる機能のひとつです。

で、念願のタイムコードが搭載されたことは、音声各種機能向上以上に僕らの作品制作に貢献してくれる機能といえるかもしれません。REC-RUNとFREE-RUNの設定のほか、任意でTC設定も可能。ネイティブ編集時には涙モノの機能です。

1ファイル12分の壁を突破してくれたことも見逃せませんね。RECしながら自動的にファイルを分割して収録してくれるこの機能の搭載で、とくにインタビュー収録での苦労がかなり改善されるはずです。

そして今回から、CFカードの他にSDカードも同時に挿入可能になりました。スチル撮影では、例えばCFカードの容量がいっぱいになると自動的にSDカードに記録してくれる”カード自動切り替え”機能が搭載されていますが、残念ながら動画撮影では、CFはCF、SDはSDと、最初に設定したカードへ記録するだけ。シームレスにファイルを橋渡ししてはくれないのでした。でも同一内容の録画が可能なので、バックアップとして考えれば嬉しい機能ですね。

最後に「十字タッチセンサー」のことも5D MarkⅡユーザーの方にはお伝えしなければならないでしょう。いわゆる「サブ電子ダイヤル」と呼ばれる大型のダイヤルスイッチにタッチセンサーが搭載されていおります。中心の「SET」ボタンと、外周のギザギザの間の凹み部分(ってわかりづらすぎる!)に仕込まれたこのタッチセンサーによって、REC中にガチガチ各種ダイヤルを操作せずとも、絞り値やシャッター速度、ISO感度の変更はもちろん、録音レベル変更・調整も可能にしています。タッチセンサーになっているのはもちろん操作音や振動などが記録中の映像に影響を及ぼさないようにするための配慮なわけです。この操作に慣れるまでには少々時間がかかりそうですが、上下左右方向で操作できるこの十字タッチセンサーは、結構便利に使える機能です。

ってなわけで、10ヶ月ぶりにblogを更新したかと思えば、超ロングテキストという見る人に優しくないものになってしまったことをお詫びしながらも、みなさんにとってEOS 5D MarkⅢへのさらなる想いを駆り立てるものとなれば光栄です。

動画機能としては、フラッグシップモデルのEOS 1Dxとほぼ同等だと言われています。動画撮影のための各種”改善”はもとより、使えるISO12800を・・・、言い換えればISO3200や6400が完全に作品作りにつかえるようになったことを考えれば、EOS 5D MarkⅡからの乗り換え価値は十分にあると、僕は思うのですが・・・。

さて、気になる機能はみなさん実機でご確認を!

超高感度カメラによるホタルの求愛発光 (Firefly)

5月上旬のある雨上がりの夕暮れ時。

まだ肌寒いこの季節に、早くもゲンジボタルが舞い始めた。

全身の力を振り絞るように、力いっぱいゲンジボタルのオスが見せる求愛発光。

スローシャッターを使うことなく、リアルタイムでホタルの発光を撮影できる

スーパー超高感度カラーテレビカメラNC-R550nは、

これからの季節、各地のホタル撮影に大忙しとなりそうだ。

超高感度カメラによる撮影やカメラ機材の詳細にご興味のある方は、お気軽にご連絡を。

円周魚眼レンズ HongKong City-23

円周魚眼レンズ HongKong City-22

円周魚眼レンズ HongKong City-21

天井の高い構造を持つこの駅の構内は、太くて大きな構造体が剥きだしになっていた。なんてことのない光景だが、円周魚眼レンズを向けてみると、その景色は一変する。左が垂直に建つ巨大な柱。右側から伸びる構造体はエスカレーターと階段だ。日常の風景をいともたやすく不思議な光景に変えてしまう、それが円周魚眼レンズ「サークルフィッシュアイレンズだ。

Home

Search
Feeds
Meta

Return to page top