ホーム > タグ > 流星群

流星群

星空はADの肉まんとともにやってきた。

2009年12月13日、ウエザーニュースの情報を頼りに晴れ間を求めて茨城県常陸大宮市の山中まで足を伸ばすことになった。天気予報とは裏腹に、現地もべったりの曇り空。時折小雨も降る絶望的な天候だった。オンエアを翌日にひかえてたTBSの報道班はため息交じりに機材準備の様子などを撮影しながら、ただひたすら天候の回復を祈った。

群馬にいるもうひとつの撮影クルーから電話が入る。雲があるもののいくつか流星が見えているという第一報だった。

(群馬まで移動するか!?)

ネットで天気予報を再確認すると、松本市周辺が晴れているという。

(まさか今から松本!?)

車両部のドライバーにディレクターが移動時間を確認する。

「そっすねぇ、ここからだと5時間はかかりますぜ!」・・・それでは夜が明けてしまう。

仕方がないのでスタッフみんなで円陣を組み(?)、これまでで一番楽しかったロケのエピソードなどを発表し合いながら天候の回復を待った(笑)。

徐々に寒さが身にしみてくる。ディレクターからADに指令が下った。

「”おでん”と”肉まん”を調達するため下山せよ!」・・・もはや絶望的な空気が立ち込めていた。

アシスタントディレクターはいつまでたっても帰ってこなかった。・・・が、なんだか夜空に黒い部分が見え始めてきた。チャンスかもしれない!

そして星空はADの肉まんとともにやってきた。

肉まんそっちのけで一斉に撮影準備にとりかかる。

雲の合間からいくつかの流星が流れ始める。超高感度カメラNC-R550a(http://www.emccd.net)を構えると、すぐさまいくつもの流星がモニター画面を横切った。

わずかな晴れ間は20分足らずで去って行った。残念ながら明るい流星はとらえられなかったものの、それでも番組としてはこれでなんとかなる!

午前3時、僕らは一斉に常磐道を南下した。

ふたご座流星群の極大日

今夜は、ふたご座流星群の極大日。今年最後の大型流星群とあって、天文ファンたちの期待も高いようだ。

関東地方はあいにくの天気。山梨も。今のところ長野県の南アルプスあたりと伊那谷付近の天候は良さそうだけれど、こればかりは運に任せるしかないな。

今夜は、モバイル赤道儀TOAST-Proを3台、そして天体撮影用スーパー超高感度カラーテレビカメラNC-R550aをロケ車両に搭載し、晴れ間を求めてジプシー・ロケになりそうだ。

皆さんの街の夜空に、たくさんの流星が流れますように…。

オリオン座流星群

19時にロケバスが事務所の前にやってきた。この時間から山梨へロケに向かうためだ。

今回はスーパー超高感度カラーテレビカメラNC-R550a(http://www.emccd.net)をつかた情報バラエティー番組の収録。八ヶ岳を望む牧場の一角で、タレントと星、そしてオリオン座流星群を撮影しようというものだ。

砧のTMCでタレント4人をピックアップしたあと一路中央道を北上。清里から野辺山へとロケを続けた。

外気温は4度。日中のスタジオ収録を終えたタレントさん達は、いちおうダウンジャケットをもってきてくれたものの、一見して都会の冬ファッション。そりゃ相当な寒さの中での撮影だったにちがいない。

明けの朝方まで粘ったものの、残念ながら星は顔を出さなかったが、今回のタレントが星をテーマにしたネタをもっていたため、大自然の中で披露!我々の超高感度カメラは世界中で様々な貴重な光る生物を撮影してきたが、ついに光る芸人を撮影することになるとは・・・。

事務所に戻ったころはすっかり夜が明けていた。さてと、ちょっと仮眠させてもらうとしますか。

STAFF Blog はじめました

これまでメインサイト内でスタッフ日記を公開していましたが、
今後はこちらのBLOGにて、スタッフのつれづれをご紹介します!
引き続き、ZERO CORPORATIONをよろしくお願いいたします。

下の映像は、今年のペルセウス座流星群で見られた火球です。
(クリックで再生します)
この日はあいにくのお天気で、一晩中雨が降り続いていましたが、
明け方ようやく晴れ間が見えてきたところで、弊社スタッフが撮影に成功しました。

Home > Tags > 流星群

Search
Feeds
Meta

Return to page top