ホーム > タグ > 自然現象

自然現象

パープルスカイ

人々は夕日が沈むまでそこに立ち、

僕は、夕日が沈んでからシャッターを押す。

パープルスカイの海の向こうに、この星の営みを感じながら。

マジックアワーの茜雲

日の出や日没の撮影。

どんな色に空が染まってくれるのか、それは誰にもわからない。

僕らはカメラを構えたまま、空が美しい茜色に染まるのを、ただひたすらじっと待ち続ける。

自然がつかさどる一瞬の色彩術、それが「マジックアワー」。

その瞬間が来るのを、ただ祈るだけしかないできない無力感。

計算不能な自然の節理。

黒い太陽が浮かぶ中国武漢市内

皆既日食中に浮かぶ黒い太陽。その間、一体周りはどのくらい暗くなるのか?

これはなかなか言葉で伝えるのが難しい問題。というのも、同じ光景は皆既日食でしか再現されないからだ。

「日没後どのくらい経過した感じですか?」と聞かれても、実に答え辛い。普通の日没は、西の空が茜色に染まり、薄暮とともに次第に闇に変わっていく。皆既日食の場合は、地平線が360度夕焼けに染まる。ここからして普段の日没後とは全く違う。

実際にその場を体感しなければ、この感覚はわからないもの。だからこそ、人は黒い太陽をその目で見るために、時間とお金と労力を投入し世界各地に遠征していくのかもしれない。映像や画像はその数パーセントも表現できないことは、現場にいればよくわかる。それが皆既日食というものだ。

黒い太陽 2009

望遠鏡メーカー大手のビクセンで、例年の7000倍もの日食グラスが売れたというTVニュースが流れていた。多くの日本人がその瞬間に思いをはせ、鹿児島へ、沖縄へ、そして中国へと、黒い太陽を見上げる場所をもとめて旅立った。しかし残念ながら、国内外の多くの場所で、あいにくの天候に見舞われてしまった。

弊社は、ハイビジョン生中継の仕事のため、中国武漢でその日の朝をむかえた。前日までの暑さが嘘のような涼しい朝だった。第一接触から第2接触までの時間が、実際よりもかなり長く感じられる。太陽が爪先のように細くなっても、それほど興奮しないのが自分でも不思議だった。そしてむかえた9時24分…。

スーッと光が闇に吸いこまれていく。

そして天空に黒い太陽が現れた。

ハイビジョンカメラの撮影を担当していたため、直接肉眼でその様子を見ることはできないが、人々のどよめきと吹き抜ける風が、僕の鼓動を一気に早める。

黒い太陽の輝く空・・・。あたりは不思議な夜。地平線が360度夕焼けとなり、いつのまにか町中の街灯が灯っていた。

やがて、その暗い天空を切り裂くように、まさに針の先で刺したような鮮烈な光が一気に広がっていった。

第3接触のその瞬間、僕はファインダーから目を離し、幸運にも肉眼で見上げることができた。

これほど自然の光景で興奮したのは久しぶりなことだった。

食分99%と100%の違いはあまりに大きい。金環食もしかり、だ。

次回は、来年、イースター島で皆既日食が見られる。モアイ像と黒い太陽を同時に撮影できるという特殊な条件がそろう。

徐々に大きくなる太陽を見ながら、すでに気持ちは来年のイースター島へ飛んでいた。

皆既日食ハイビジョン生中継成功!

硫黄島や小笠原海上域を除き、日本国内の殆どの地域では残念ながら46年ぶりの皆既日食はみられなかったというニュースを聞き、とても残念だった。

ハイビジョンカメラによる皆既日食の生中継の仕事で、僕が中国の武漢という街に入ったのは、7月19日のこと。

数百キロの撮影、中継機材を持ち込み、華中科技大学の屋上を借りて皆既日食のハイビジョン中継に挑んだ。

武漢の気温はおよそ40度。

大学の屋上では、50度近い気温になり、熱中症になるスタッフもいたほど。

3日間の現場準備をして挑んだ今日の皆既日食の中継は無事に終了。黒い太陽の様子を送信することに成功した。

ようやくホテルに戻ってきたのは、もはや深夜。

近いうちに皆既日食の画像もアップしたいとおもっているのでお楽しみを!

Home > Tags > 自然現象

Search
Feeds
Meta

Return to page top