今月の星空|星座を見つけよう

星座を見つけよう HOME今月の星空 ≫ トップページ

 毎日同じ時間に星空を見ていると、見える星座が少しづつ変わっていくことに気づきませんか?「この前はあのあたりに見えた星が、今ではこっちの方に…」なんて具合に。 これは、地球が太陽の周りを一年で一周しているため。季節とともに、星座も少しづつ移り変わっているんですよ。

このコーナーの使い方

  「○月の星空」(左のメニューからリンクしています)では、その月の15日、夜21時頃に見られる星空を基準にご紹介します。 (※星図は、東京の緯度、北緯35.6度を基準にしています)
 星座を見つけようで星座の探し方を覚えたら、その星座が今の時期はどのあたりに見えているのか、このコーナーで探してみてください。星図で「星だけ」「一等星」「星座線」など順に確認し、目指す星座や星の位置がわかったら、いざ、本物の星空へ出発!ただしその前に、ページ下部にある「月の出・月の入り」の表で月の状況をちゃんと確認してくださいね。出かけるなら星日和の日がいいでしょう。

星図の見方

 月ごとに、下のような星図(もっと大きなもの)が表示されます。ここで使われている星図は、見上げた星空全部をペタンコにして表現したものです。

星図サンプル

  • 円の縁は地平線。円の真ん中が頭のてっぺん。
  • 円の四方にあるのが方位(方角)です。
  • 真ん中から「南」の間が、南側の空に見える星座。
  • 真ん中から「北」の間は、北側の空に見える星座。
  • 同じく、東側、西側の空…ということになります。

 そして、南に足を、北に頭を向けゴロンと寝転んで空を見ると、大体この星図のような星空が見えるはずですよ。