冬の その他の星座

星座を見つけよう HOME星座を見つけよう ≫ その他の星座(冬)

ここに来るまでの間に、基本のオリオン座から始まり、いろいろな冬の星座を覚えましたね!ご紹介したのは、星さえ見えればわかりやすい星座ばかりです。
でも、冬の星座はこれだけではないんですよ。この他に、ちょっとわかりにくい星座もあるんです。ここでは、そんな星座たちの中からいくつかについて、大まかな場所をご紹介しましょう。「よくわからないけれど、そんな星座もあるんだ」と、頭の隅にでも残しておいて下さいね!ひょっとすると、何かの機会にいいことがあるかもしれません(?)



     

冬の星座

※冬の星座はこれで全部ではありません!※
興味がある方は、月ごとの星図も見てみてくださいね。

さて、一つ一つについて、ちょっとづつご紹介しましょう!
いっかくじゅう座← いっかくじゅう座はこんな星座(マウスを乗せてみてくださいね)。言わずと知れた、ユニコーンの星座です。でもこの星座、星がちっともわからない…(笑)
冬の大三角に体を半分突っ込んで、オリオンに突進しようとしている感じです(って、なんちゅう解説だ)
この星座は、有名なバラ星雲があることでよく知られています。真っ赤なバラのような星雲…皆さんも写真を見たことがあるのでは? でも、星座のほうはイマイチ影が薄いかも(ゴメン)
ところで、伝説の動物一角獣は清らかな心を持った人にしか姿が見えないそうですが、星座のほうはどうなんでしょうね?…え?急ににばっちり見えるようになった?!

エリダヌス座エリダヌス座 → は、オリオン座の南西側に広がる大きな星座です。このあたり、明るい星がなく、空がポカンと抜けたような印象がありますが、実はこんな星座があったんですね。
エリダヌスというのは川の名前ですが、その果てにはアケルナル(Achernar)という一等星が輝いています。ただし残念ながら、九州以北では星座の全容を見ることは出来ません。かく言う私もアケルナルを見たことがないのですが…どんな感じの星なのかしら??ちなみにアケルナルとは、川の果てという意味のアラビア語から来た名前だそうです。(そのまんまだ…)

はと座← はと座はかわいらしい小さな星座です。…でも、この星の並びから鳩を連想するのはかなり難しいような…
この鳩は何かを加えていますが、何かわかりますか?実はこれ、オリーブの葉っぱなんです。
旧約聖書の中に、ノアの箱舟の伝説がありますよね。神様が、堕落しきった人類を滅ぼしてしまおうと大洪水を起こし、信心深いノアと動物たちだけが箱舟に乗って助かったというお話。このとき、ノアが箱舟から放った鳩が、オリーブの葉を加えてノアのもとに戻り、大地の復活を知らせました。はと座はその鳩を象ったものだといわれているようです。

アルゴ座はと座の近くにあるこの星座 → は、かつてはノアの箱舟にも見立てられていたようです。これは…とも座らしんばん座ほ座りゅうこつ座。今では四つの星座になっていますが、かつてはアルゴ座という一つの大きな星座でした。
とも座、らしんばん座のあたりはおおいぬ座のそばに見えていますが、日本からは、残念ながら、船全体の形は見えません。
この星座の中でよく知られているのが、りゅうこつ座のカノープス(Canopus)。中国名は南極寿老人です。…なんだかスゴイ名前ですが(笑)、これにはちゃんと意味?があるんですよ。
日本の本州程度の緯度からは、カノープスは南の地平線すれすれに、ようやく見えるか見えないか。色々な条件がそろわないと、見るのは難しいのです。それを見ることが出来るのは縁起がいいことだとされ、中国や日本ではこの星を見ると長生きすると言われているのです。お年よりの星というよりは、見ると長生きしてお年寄りになれる星、といったところでしょうか。
カノープスは、地平線すれすれに見るとあまり明るく感じませんが、本来は、シリウスに次いで全天で2番目に明るい星です。南の国に行ったらぜひこの星を探してみてくださいね!
ちなみにカノープスという名前は、トロイア戦争のときに活躍した水先案内人の名前なのだそうです。